INFORMATIONお知らせ

銀座店 臨時休廊のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大および政府による緊急事態宣言、東京都による休業の協力依頼を受け、銀座店を臨時休廊とさせて頂きます

【休廊期間】4月25日(日)~5月11日(火)予定

銀座店へのお問い合わせ対応等は、日曜・祝日・ゴールデンウィーク休廊期間を除き、通常通り行います。
弊社ホームページのメールフォームよりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

メールフォームはこちら

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

※4月27日(火)までの会期を予定しておりました「張越展」は、4月24日(土)をもって終了とさせていただきました。

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ

銀座店・大阪店は、4月29日(木・祝)、5月2日(日)~5日(水)を休廊といたします。
ご不便をおかけいたします。

※台北事業所は、通常通り営業しております。
※台北事業所在,正常營業。

鄭金岩・張越展 銀座店

【鄭金岩・張越展】
会期 :
前期・鄭金岩展/ 2021 年 4 月 6 日(火)~4 月 16 日(金)
後期・張越展 / 2021 年 4 月 17 日(土)~4 月 27 日(火)
会場 :至峰堂画廊 銀座店
営業時間 :10:00 ~ 19:00 日曜・祝日休
※展示替えのため、4 月 16 日(金)のみ 16:00 閉場

鄭金岩「八大山人(Badashanren)」
油彩・キャンバス 100×73cm

張越「新宗教 圣殇 NO.2(New Religion Pieta NO.2)」
帛画 86×68cm

 

中国で活躍している鄭金岩(Zheng Jinyan)・張越(Zhang Yue)の個展を開催いたします。
Siddham Art(上海)との共同企画である “羲昙美学” Shihodo Gallery × Siddham Art として、アートフェア東京 2021 での展示を踏まえ、さらに作品を追加しての開催となります。
前半の 4 月 6 日(火)~ 4 月 16 日(金)は鄭金岩の作品を、
後半の 4 月 17 日(土)~ 4 月 27 日(火)は張越の作品を展覧し、異なる二人の作家の世界観をお楽しみいただけます。

1963 年、中国天津市に生まれた鄭金岩。
中国国内・国外の様々な美術展に何度も選ばれ、中国にて第 8 回全国美術展優秀作品賞や、第 12 回全国美術展優秀作品賞を受賞しています。
落ち着いた色彩の中に浮かび上がる歴史上の人物や静物は、私たちに語りかけるようにも感じられます。

一方、1972 年中国江西省太原市に生まれた張越。
中国美術家協会会員、中国工筆画協会会員である彼女の作品は、東洋と西洋、そして古典と現代を横断するような不思議な世界観を構築しています。

前期・後期で異なる作家の作品をお楽しみいただけます。是非ご覧ください。

ART FAIR TOKYO 2021 山田啓貴 山本雄教 黒田清輝 須田国太郎

Art Fair Tokyo 2021 March 19th Fri - 21st Sun, 2021

山田啓貴 Keiki Yamada
山本雄教 Yukyo Yamamoto
黒田清輝 Seiki Kuroda
須田国太郎 Kunitaro Suda

 

Yukyo Yamamoto "One coin rice planet"
山本雄教「One coin rice planet」120P 麻紙・鉛筆・一円硬貨のフロッタージュ

 

Keiki Yamada"A joyful Christmas party"
山田啓貴「幸せなクリスマスパーティー」30号変 油彩・テンペラ

 

西洋からの圧倒的影響を受けながら、日本の感性と精神性、アイデンティティを再確認し、それらを西洋的・東洋的プラットフォームの上で再度昇華させた日本の近代美術。そこで培った眼で現代の美術も探求する至峰堂画廊。

一方、「東方美学」、すなわち古来より東アジア特有の美とされる、人文的感性の優れた美を大切にし、その特色を持つ現代の作家を発見・推進、伝統文化の精神性を踏まえた現代的生活の豊かさを探求する中国上海・Siddham Art。

この両者が、アートフェア東京2021にて、それぞれの独立した展示と共同企画を展示いたします。
近代および現代の美術を通じ、あらためて東アジアにおける自然と人文、感性と精神性の差異と共通性を再確認しつつ、欧米の美術体系と対比できる東アジアの美術体系の、近現代における構築に寄与することを目指します。

何よりも、我々は日ごろ、ヨーロッパの各地域における美術、すなわちドイツ、フランス、イギリス、ベルギー・オランダ、イタリア等の美術の差異と共通性を大いに味わい、楽しんでいます。同じように、特に絵画において、東アジアにおける各国・地域の差異と共通性を楽しむことを始めてみませんか。

※Siddham(悉曇=しったん) サンスクリット語で梵語とその体系の意。日本では平安期の密教と共に伝播し、のちの国語研究の基礎となった。

 

With a sharp eye for Japanese modern art -which redefined concepts of Japanese aesthetics, spirituality, and identity through both Western and Eastern mediums with significant influence of the West-, Shihodo Gallery also pursues modern art as well as its contemporary counterparts.

Striving to discover and promote contemporary artists featuring “Eastern aesthetics” -aesthetics with an exceptional appreciation of humanities, which have classically defined East-Asian beauty-, Siddham Art from Shanghai explores modern wellbeing with roots in traditional spirituality.

Through a collaborative exploration of the similarities and differences in the nature, humanity, aesthetics, and spirituality of East Asia through modern and contemporary art, these two galleries seek to further the establishment of an East-Asian art history comparable to that of the well-studied West.

As we often find ourselves enjoying comparisons of European art within the likes of Germany, France, the UK, Belgium, the Netherlands, and Italy, we invite you to enjoy this comparative perspective and explore the similarities and differences of paintings from neighbouring countries and areas of East-Asia as well.

※Siddham: A medieval writing system used to introduce Buddhist texts to the far East, Siddham (also known as Bonji) was brought to Japan in the Heian-period with Esoteric Buddhism, and later became the basis for Japanese language studies.

 

日本近代美術乃一面受到西洋絕對的影響,加上日本自有的感性、精神性與主體性,在此基礎上所建立的西洋·東洋融合的平台,進而昇華至目前的樣貌。至峰堂畫廊也致力於依上述觀點所培養的眼光來追求現代美術。

另一方面,「東方美學」即自古以來所保有的東亞特有之美,珍惜帶有人文感性的卓越之美,中國上海・Siddham Art也致力於發掘·推廣擁有此特色的現代畫家,依傳統文化的精神性來追求現代生活的豐富性。

此兩者透過近代及現代美術,重新認知在東亞所形成的自然與人文、感性與精神性的差異性、共通性,可以與歐美的美術體系對比的東亞的美術體系,以助於其在近現代體系建構為目標。

至為重要的是我們在平日頗為玩味並欣賞歐洲各地的美術,即德國、法國、英國、比利時、荷蘭、義大利等美術的差異性與共通性。同樣地,特別在繪畫方面,讓我們也一起開始來欣賞東亞各國·各區域的差異性與共通性。

※Siddham(悉曇=しったん)
Sanskrit語系,即梵語與其語系。在日本是與平安朝的密教一起傳播而來,形成日後的國語研究的基礎。

 


至峰堂画廊 ブースNo.G099
※至峰堂画廊×Shiddham Artの共同出展スペースとなります。

●プライベートビュー
3月18日(木)13:00 – 16:00 ※招待者のみ
●ベルニサージュ
3月18日(木)16:00 – 20:00 ※招待者のみ
●パブリックビュー
3月19日(金)・20日(土) 12:00 – 19:00
3月21日(日) 12:00 – 16:00

入場料:1DAYパスポート 4,000円 事前予約のみ
会場:東京国際フォーラム ホールE
東京都千代田区丸の内3-5-1

●Private View
18th March (Thu) 13:00 – 16:00 ※invitation-only
●Vernissage
18th March (Thu) 16:00 – 20:00 ※invitation-only
●Public View
19th March (Fri), 20th March (Sat) 12:00 – 19:00
21st March (Sun) 12:00 – 16:00

Tickets: 1DAY Passport Advance 4,000 JPY
Venue: Tokyo International Forum Hall E
3-5-1 Marunouchi Chiyoda-ku,Tokyo-to 100-0005 Japan

日本写真会 第三回特別展

【銀座店】
2月10日(水)~2月16日(火)
10:30~18:00(会期中無休)
※最終日は16:00まで
★銀座店のみ開催

【SHIHODO GALLERY GINZA】
 10th Feb (Wed) – 16th Feb (Tue)
 10:30am – 6pm
 ※Close at 4pm on 16th Feb(Tue)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症対策のため、
マスクの着用や、入り口での手指消毒および検温などのご協力をお願い申し上げます。

日本写真会のホームページはこちら