INFORMATIONお知らせ

夏期休廊のお知らせ

以下の期間、夏期休廊とさせていただきます。ご不便をお掛けいたします。
銀座店・大阪店:8月8日(日)~8月15日(日)

※台北事業所は、8月9日(月)~8月13日(金)の間、通常通り営業しております。
※台北事業所在8月9日(一)~8月13日(五)期間,正常營業。

画廊の夜会2021 近代洋画 憧れをつなぐ作家たち -安井曽太郎・宮本三郎・鴨居玲-

近代洋画 憧れをつなぐ作家たち
-安井曽太郎・宮本三郎・鴨居玲-

5月28日(金)~6月11日(金)
10:00~19:00(日曜休廊)
至峰堂画廊銀座店
※会期初日は「画廊の夜会」につき、20:00まで開廊
※銀座店のみ開催
※状況により、予定が変更になる可能性がございます。

Modern Yōga -A Lineage of Art and Influence-
Sotaro Yasui / Saburo Miyamoto / Rey Camoy

28th May (Fri) – 11th Jun (Fri)
10am – 7pm (Close Sun)
※ Open to 8pm on 28th May(Fri)
※ Please keep in mind that this schedule is subject to change.
SHIHODO Gallery GINZA

宮本三郎「裸婦」8M 油彩

 

安井曽太郎(1888-1955)、宮本三郎(1905-1974)、鴨居玲(1928-1985)の三作家の展示をいたします。
それぞれ宮本は安井に師事し、鴨居は宮本に師事しました。宮本の初期の作品は、安井の影響が色濃く反映されており、師への憧れや敬意を感じさせます。後期になると宮本独自の華やかな世界観を広げていきました。一方、宮本と鴨居はともに石川県出身で、鴨居は金沢美術工芸専門学校の第一期生として宮本の下で絵を学びます。華やかな宮本の作風とは対照的に、鴨居はドラマチックで情緒に訴えかける強烈な作品を描き上げました。その鴨居は、後に安井の名を冠した安井賞を受賞します。尊敬する師からの学びをもとに、独自の表現を開花させた三作家の作品をお楽しみください。

The three artists we focus on are from a lineage of artists and protégés – Rey Kamoy(1928-1985) studied painting under Saburo Miyamoto(1905-1974), whom in turn had studied under Sotaro Yasui(1888-1955).
The noticeable influence of Yasui’s style in Miyamoto’s early works is evidence of the young artist’s aspirations, as well as immense respect towards his mentor.
His style eventually developed in his later years, demonstrating a vivid, glamorous worldview.
Miyamoto and Kamoy were both from the west-coast province of Ishikawa, and Kamoy was one of Miyamoto’s pupils from the first class of the Kanazawa College of Art.
As opposed to Miyamoto’s colourful and flamboyant depictions, Kamoy created works which were drastic as they were expressively compelling. Kamoy went on to win the Yasui Award, which had been created in honour of Yasui’s -his teacher’s teacher’s- legacy.
We invite you to explore the journeys of these three artists as they learned from their esteemed teachers and continued to develop each of their own unique expressions.

預計展出三位作家的作品,安井曽太郎(1888-1955)、宮本三郎(1905-1974)、鴨居玲(1928-1985)。
各別為宮本師從安井,鴨居師從宮本。宮本的初期作品,濃厚地反映出深受安井的影響,讓人感受到其對於師長的憧憬與敬意。到了後期,擴展為宮本獨特的華麗世界觀。另一方面,宮本與鴨居同為出身於石川縣,鴨居做為金澤美術工藝專門學校的第一期學生,在宮本門下習畫。與華麗的宮本作風形成鮮明對比,鴨居以戲劇性的表現來訴諸情緒,完成其強烈特色的作品。鴨居後來也得到以安井所冠名的安井奬。從尊敬的師長所學習到的心得為基礎,進而開花結果形成獨特的自我表現的三位藝術家,敬請觀賞他們的作品。

銀座店 臨時休廊のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大および政府による緊急事態宣言、東京都による休業の協力依頼を受け、銀座店を臨時休廊とさせて頂きます

【休廊期間】4月25日(日)~5月11日(火)予定

銀座店へのお問い合わせ対応等は、日曜・祝日・ゴールデンウィーク休廊期間を除き、通常通り行います。
弊社ホームページのメールフォームよりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

メールフォームはこちら

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

※4月27日(火)までの会期を予定しておりました「張越展」は、4月24日(土)をもって終了とさせていただきました。

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ

銀座店・大阪店は、4月29日(木・祝)、5月2日(日)~5日(水)を休廊といたします。
ご不便をおかけいたします。

※台北事業所は、通常通り営業しております。
※台北事業所在,正常營業。

鄭金岩・張越展 銀座店

【鄭金岩・張越展】
会期 :
前期・鄭金岩展/ 2021 年 4 月 6 日(火)~4 月 16 日(金)
後期・張越展 / 2021 年 4 月 17 日(土)~4 月 27 日(火)
会場 :至峰堂画廊 銀座店
営業時間 :10:00 ~ 19:00 日曜・祝日休
※展示替えのため、4 月 16 日(金)のみ 16:00 閉場

鄭金岩「八大山人(Badashanren)」
油彩・キャンバス 100×73cm

張越「新宗教 圣殇 NO.2(New Religion Pieta NO.2)」
帛画 86×68cm

 

中国で活躍している鄭金岩(Zheng Jinyan)・張越(Zhang Yue)の個展を開催いたします。
Siddham Art(上海)との共同企画である “羲昙美学” Shihodo Gallery × Siddham Art として、アートフェア東京 2021 での展示を踏まえ、さらに作品を追加しての開催となります。
前半の 4 月 6 日(火)~ 4 月 16 日(金)は鄭金岩の作品を、
後半の 4 月 17 日(土)~ 4 月 27 日(火)は張越の作品を展覧し、異なる二人の作家の世界観をお楽しみいただけます。

1963 年、中国天津市に生まれた鄭金岩。
中国国内・国外の様々な美術展に何度も選ばれ、中国にて第 8 回全国美術展優秀作品賞や、第 12 回全国美術展優秀作品賞を受賞しています。
落ち着いた色彩の中に浮かび上がる歴史上の人物や静物は、私たちに語りかけるようにも感じられます。

一方、1972 年中国江西省太原市に生まれた張越。
中国美術家協会会員、中国工筆画協会会員である彼女の作品は、東洋と西洋、そして古典と現代を横断するような不思議な世界観を構築しています。

前期・後期で異なる作家の作品をお楽しみいただけます。是非ご覧ください。