INFORMATIONお知らせ

ART FAIR TOKYO 2016 / ​画廊の夜会2016 山田啓貴展

– 同時代の記憶 - ~ 山田啓貴x近代の画家 ~ 

– Memories of the Contemporaries - ~ Keiki YAMADA x Modern Artists ~

【アートフェア東京】
 *プレビュー・特別先行入場招待者のみ
  5月11日(水)16:00~21:00
  5月12日(木)11:00~14:00
  5月13日(金)11:00~12:00
 *一般公開
  5月12日(木)14:00~21:00
  5月13日(金)12:00~21:00
  5月14日(土)10:30~17:00


  ※東京国際フォーラム 展示ホールE ブースNo.57
   東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

【銀座店】
  5月16日(月)~29日(日)10:00-19:00(会期中無休)
  ※5月27日(金)は画廊の夜会につき21:00まで開廊
  東京都中央区銀座6丁目9番4号 銀座小坂ビル4階
  ★銀座店のみ開催

【Opening Hours】
 *Premium Private View/Special preceding admissionInvited guests only
  Wed May 11th 16:00-21:00
  Thu May 12th 11:00-14:00
  Fri May 13th 11:00-12:00
 *Open to the public
  Thu May 12th 14:00-21:00
  Fri May 13th 12:00-21:00
  Sat May 14th 10:30-17:00

  ※Booth 57 Hall E Tokyo International Forum
   3-5-1 Marunouchi Chiyoda-ku,Tokyo,Japan

【Ginza】
 Mon May 16th – Sun May 29th 10:00 – 19:00
 ※Fri May 27th 10:00 – 21:00
 4F 6-9-4 Ginza Chuo-ku,Tokyo,Japan​

―同時代の記憶―
山田啓貴×近代の画家

何に美しさを感じるのか。古今東西、表現者・鑑賞者ともに作品を介して各々の美を明確にし、愉しんできました。
主観的な主張が強いように見える近代の良品も、普遍的で誰でも愉しめるものです。
対象を実直に観察しモノや鑑賞者の記憶を描きだす山田啓貴と、一見異質な近代の良品を鑑賞することで、近代と現代を超えた普遍的な美しさを明確にしていただければ幸いです。

-Memories of the Contemporaries-
Keiki YAMADAx Modern Artists

Buried deeply in the many layers of our minds, memories we cherish are continuously overwritten by a ceaseless flow of thoughts which arise in the mayhem of modern life. When these long-lost memories are revived, they unfold their music and overwhelm us with unfathomable joy, as though we might be reliving scenes from the bustle and merriment of a once busy marketplace. Anything in our daily life can arouse our memories: from the taste and smell of a random meal to the faint tunes of distant music. In my case, the odd glance at a painting can bring those remembrances back to life.

-同時代的記憶-
山田啟貴×近代畫家

何謂之美?縱觀古今東西,表現者與鑑賞者都通過作品感受到各自所認為的美。
近代的優美的美術品,更因其強烈的主觀個人色彩,而令普羅大眾感到親切與愉悅。
山田啟貴的畫作通過直觀的對象描述喚醒鑑賞者的記憶,鑑賞他的畫作以及近代的優美作品,感受超越近代與現代的美的定義。

山田 啓貴  Keiki YAMADA

1978 北海道苫小牧市生まれ
2002 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2004 多摩美術大学大学院美術研究科修了

ホームページ:http://keiki-yamada.com/

何かがきっかけとなって大事な記憶を思い出すことがあります。日常の何気ない時の匂いや味、遠くから聞こえてくる音楽、そしてふと目に付いた絵画が私を呼び覚ましてくれます。
大切な思い出や記憶は、現代の喧騒の中では常に新しい記憶に上書きされ続けてしまいます。階層の奥深くに閉じ込められて──なくしてしまったものが再現される時、叙情性を伴い大きな喜びとなって目の前に広がります。──賑やかだったアーケード街を思い出すのと似ています。

絵画には画家の体験した時間が潜んでいます。近代絵画の巨匠たちの「みていた時間」が長い年月を経るほどに輝きを増しているのは、普遍的に「見たい風景」がそこにあるからです。私も丁寧に追随し、日本人が描く油絵を探っているところです。

山田啓貴

Buried deeply in the many layers of our minds, memories we cherish are continuously overwritten by a ceaseless flow of thoughts which arise in the mayhem of modern life.
When these long-lost memories are revived, they unfold their music and overwhelm us with unfathomable joy, as though we might be reliving scenes from the bustle and merriment of a once busy marketplace. Anything in our daily life can arouse our memories: from the taste and smell of a random meal to the faint tunes of distant music. In my case, the odd glance at a painting can bring those remembrances back to life.

In their paintings, artist encapsulate moments of their lives.By capturing “moments” and conveying them through “views” we treasure universally, Modern masters have enabled their paintings to continue to shine increasingly brighter throughout the decades. I also am in the process of carefully following in their steps, in the pursuit of Japanese oil painting.

Keiki YAMADA

人們都會因為突然出現的機緣回想起珍貴的記憶。日常的氣味,遠方傳來的音樂,或者是驚鴻一瞥的繪畫,都會喚醒我的記憶。
最珍貴的回憶與記憶總是會在現代生活的喧囂中被新的記憶逐漸覆蓋,沉入最深的原始之海——而當他們再現之時,與喜悅同時而至的還有過去的情懷——就像想起了過去曾經熱鬧非凡的商店街。

繪畫中潛藏著畫家的時間體驗。近代繪畫的巨匠們『所見的時間』隨著悠長歲月日漸增輝,那是因為普遍經驗的『渴望所見的風景』潛藏在內的緣故。我也追隨著他們的腳步,探索者日本應有的油畫之道。

山田啟貴