INFORMATIONお知らせ

ART TAIPEI 2015 存在と記憶 山田啓貴x黒田清輝・藤島武二

 存在と記憶 ー 山田啓貴x黒田清輝、藤島武二

【会期】
10月30日(金)~11月2日(月) 11AM~7PM (11月2日 ~6pm)
30 Oct.-2 Nov. 11am -7pm. (2 Nov. -6pm)
10月30日~11月2日 11am ~7pm (11月2日 ~6pm)

【場所】
台北世界貿易中心展覧大楼一館 C29ブース
Booth No. C29  Taipei World Trade Center, Exhibition Hall One
台北世界貿易中心展覧大楼一館 C29展室

【展示主旨】
-存在と記憶-
アジア圏における油画の先駆的な到達者である黒田清輝・藤島武二。その功績に憧れ、敬意を払いながら油画の本道を進もうとする山田啓貴。若き山田啓貴が向き合う現代のものの存在や自己の記憶は、黒田、藤島らの歴史的存在や作品そのものに通底しています。 近代、現代の枠を超えた存在と記憶の世界を御覧ください。

-Being and Memory-
In Asia, Seiki KURODA and Takeji FUJISHIMA are both called as the pathfinders for eastern oil painting. With admiration and paying homage to both of them, Keiki YAMADA made his real way of oil painting too. Those modern beings and memories of his own to which the young Keiki YAMADA is facing are also shown in the works as some historical beings within KURODA, FUJISHIMA and others at their period. Enjoy the world of being and memory crossing over modern and contemporary art.

-存在與記憶-
在亞洲的油畫美術中,黑田清輝和藤島武二被稱為先驅者。出於對他們的尊敬與憧憬,山田啟貴亦在他的油畫之路上不斷前行。而年輕的山田啟貴所面對的現代之存在與自身之記憶,亦同時可見於歷史上之黑田與藤島及同時代作品之中。敬請鑑賞,這個超越了近代與現代藝術之分的,屬於存在與記憶的世界。

山田 啓貴  Keiki YAMADA

1978 北海道苫小牧市生まれ
2002 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2004 多摩美術大学大学院美術研究科修了

確かに何かがそこに在った──それを残している目には見えないものを空間に詰め込むように描いています。
一瞬だったことや毎日のように何度も起きたこと、それら営みの中で生じた気にも止めない風景に心を動かされます。
そうやって蓄積した記憶の中から風景を探し出すのですが、目を閉じると蘇ってくる情景は逃げてしまいそうで、
急ぎ描くことで留めておきたいと思うのです。

Definitely there is something over there──those invisible things were stayed there to be painted to fill in the space.
Something that happened in the moment, or repeatedly like a usual day, may touch your heart by those landscapes which have never been taken notice of before.
And those landscapes of old memories which have been found out for bringing back to life are running away when you close your eyes.
So there is certainly something should be impatient to be painted to keep it in our mind.

確有一物曾於彼處──存於彼處,無可視之,然繪之以盈空。
或衹攸忽一瞬,或已復沓流光。生於營役之間,風景曾舊黯,杳然心動於其上。
日復以憶,尋景情依舊,閉目似仍虛惘。
情不能致,疾筆以馳,繪而存之。