INFORMATIONお知らせ

台北事業所 開設記念 “近代と現代” -Taipei Office Opening Exhibition “Modern and Contemporary”-

台北事業所 開設記念 “近代と現代”
Taipei Office Opening Exhibition “Modern and Contemporary”

至峰堂画廊は、2019年10月より台北事業所を開設いたします。
台北では、大阪や銀座と同様に近現代美術の紹介を行い、鑑賞上の多様な楽しみ方の提供しつつ、次の歴史に残りうる質の高い作品を提案いたします。
同時に、アジアの美術史における日本の近現代美術の位置づけを、その相互の関連や影響、あるいは作品の魅力がもつ共通性や相違点を見出しながら行って参ります。

至峰堂畫廊將於2019年10月開設台北事務所。
台北與大阪、銀座同樣也是以介紹近現代美術,提供鑑賞上,多樣的賞畫方式。 進而針對能夠流傳歷史的高品質作品做提案。 同時,在亞洲的美術史中的日本近現代美術的定位,相互的關連、影響,或者找尋出作品具有魅力的共通性或相異點。

SHIHODO GALLERY Taipei Office will be opened in October, 2019.
In Taipei, we will introduce modern and contemporary art as well as Osaka and Ginza, and offer wide variety of ways to enjoy art works while proposing high-quality works that will remain in history.
Meanwhile, we will explore the position of Japanese contemporary art in Asian art history by finding the interrelationships and influences of each other, similarities and differences of the works.

■至峰堂画廊 台北事業所(2019年9月24日より開設)
 SHIHODO GALLERY Taipei Office (open on 24th September)

Adress : 11047 台北市信義區松智路1號11樓 1111室
office 1111, 11F., No. 1, Songzhi Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, 11047, Taiwan (R.O.C.)
E-mail : taipei@shihoudou.co.jp
Tel :+886 2 8729-2115  Fax :+886 (2) 8729 2333


以下の日程で、台北事業所オープニングイベントを実施いたします。
以下日程將舉辦台北事務所開幕展活動。
The Taipei Office opening event will be held on the following dates.

■台北事業所 開設記念 “近代と現代”
 Opening Exhibition “Modern and Contemporary” Overview


 ●Date
 10/11(Fri) 13:00-21:00
 10/12(Sat) 11:00-21:00  ※15:00-17:00 Opening Party
 10/13(Sun) 11:00-18:00

 ●Venue
 ARKI GALÉRIA築空間 B EXHIBITION
 台北市重慶南路一段2號B1

■台北事業所 オープニングパーティ
SHIHODO GALLERY Taipei Office Opening Party

10/12(Sat) 15:00-17:00

 ●15:00~ ご挨拶 Opening、
      クラシック音楽生演奏 Classical Music Performance


 ●15:30~ パネルディスカッション Panel Discussion
  〇Theme
  日本絵画へのフランス印象派の投射
  日本繪畫的法國印象派投射
  The Reflection of French Impressionism on Japanese Painting
 
  〇Speaker
  ・鄭治桂 國立台灣藝術大學兼任助理教授
  ・至峰堂画廊 鈴木庸平

 ●16:00~  クラシック音楽生演奏  Classical Music Performance

 ●17:00  終了 End

梅原龍三郎「薔薇図」岩彩、ガッシュ
Ryuzaburo UMEHARA “Rose” mineral pigments,gouache

ART TAIPEI 2019 山田啓貴・山本雄教・赤摩千穂

●SVIP Preview ※invitation-only
10/17(Thu) 12:00-15:00

●VIP Preview ※invitation-only
10/17(Thu) 15:00-21:00
10/18(Fri) 11:00-14:00

●Public Opening
10/18(Fri) 14:00-19:00
10/19(Sat),20(Sun) 11:00-19:00
10/21(Mon) 11:00-18:00

●Venue
Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1No.5, Sec. 5, Xinyi Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, Taiwan

●SHIHODO GELLRY Booth No.
P04

歴史の蓄積を踏まえた良質な作品の制作をつづける山田啓貴、優れたコンテキストと作品の力を持った山本雄教や赤摩千穂といった、近年着実な地位を固めつつある作家を取り上げます。
近代の作品の展示では、岡田三郎助などの優れた作品を展示し、我々が審美眼の根拠を近代に求めていることを明示しつつ、彼らの歴史や作品の楽しみ方を紹介します。

Our contemporary art exhibit will consist of works by artists who are steadily securing their positions in Japan. Their works reflect their dedication to quality, which is rooted in the reverence towards the accumulation of modern history, and is apparent in their conscious placement and meaningful contextualization within art history.
For our modern art exhibit, we will show outstanding pieces by artist with links to Taiwan, such as those by Okada Saburosuke. Through this exhibit, we will demonstrate how the foundation of our aesthetics lie in modern art, and will introduce their stories, as well as how to appreciate them.

立足於從歷史所累積的基礎上,山田啓貴持續不懈地在高質感的作品的創作上 ,山本雄教與赤摩千穗擁有卓越的脈絡與作品的能量 ,近年確立穩固的地位之作家做展示。
近代作品的展示中,以岡田三郎助等作家之精湛的作品做展示,以此明確呈現身為畫廊所具備的審美眼光, 依此追求近代的意義,並介紹上述藝術家的創作歷程與欣賞作品的精彩之處。

山田 啓貴 Keiki YAMADA

昨年のアート台北の展示で評価の高かった “Memories of the dining table”。
今年のアート台北では、作家にとっての最も重要な風景として、”dining table”のイメージをさらに展開し、作家の青年期の特定の時期にフォーカスした”In the room”として展示します。作家にとっての大切な”room”、そして誰もが思い出に残るそれぞれの”room”。普遍的な食物や玩具、地域性を帯びた品々、個人的な思い入れの大きいものなど、一時期を過ごした部屋にあったものたちを通じて、作家と鑑賞者の相違点や共通性との対話を促し、記憶媒体としての”room”像を提示しつつ、自己形成に至る時期の記憶とその大切さを鑑賞者に示唆する展示となります。

Yamada’s exhibition at last year’s ART TAIPEI – “Memories of the dining table”.
For this year’s ART TAIPEI, the artist continues to paint scenes of his most important theme, the “ in the room”, focusing on the particular period of his adolescence. Through the images of universal meals, regional things, and particular sentimental value, Yamada expresses the personal significance of “room” , as well as memories of “room” that are shared among us. While encouraging dialogue between the similarities and differences of the artist and viewers through these images, Yamada implies the image of the room as a memory device, and suggests the memories and importance of the tender years of personal development.

在去年的Art Taipei的展示中深獲好評,特別是來自歐美的顧客給予很高的評價,作品”Memories of the dining table”。
今年的Art Taipei,對作家而言,至為重要的風景” in the room ”,從作家孩提時代至青年期的特定時期為聚焦內容做展示。對於作家而言的room,也是許多人追懐回憶的room。普遍的食物,或是帶有區域性的事物,乃至具有個人依戀的強烈屬性等,創作者與觀者在相異處,共通性的對話,作為記憶媒介所提示的room圖像、進而至形成自我時期的記憶與其重要性與觀者分享的展示。

Keiki YAMADA
“The phonecall I’ve made up my mind” Tempera, oil on wood panel

山本 雄教 Yukyo YAMAMOTO

東京、台湾、北京、ソウル、上海、シンガポールとアジア各所にコレクターが出始めた山本雄教。
2019年3月のアートフェア東京では、身近なもので世界をユーモラスにあぶり出す山本らしい「Golden Life」というコンセプトの展示が好評を博しました。 今回はさらに、「Golden people」と題し、通貨と人間、あるいは金と人間の関係を台湾や世界の著名人を通じて表現します。

Yamamoto’s collector base has rapidly expanded across Asia from Tokyo to Taiwan, Beijing, Shanghai, Seoul, and Singapore.
At Art Fair Tokyo in March 2019, his exhibition titled “Golden Life” delighted the crowds with his characteristic style of humorously uncoveing the world we live in through familiar subjects.
This exhibition is titled “Golden People”, and offers an approach towards the relationship between currency and people, or alternately gold and people, through images of Taiwan and world-famous individuals.

東京、台灣、北京、首爾、上海、新加坡與亞洲各地陸續擁有藏家的山本雄教。
在2019年3月的Art Fair Tokyo,以身邊親近的事物營造出以世界為幽默風趣的山本特有的「Golden life」的概念做展示,並博得好評。這次進而以「Golden people」為題,以貨幣與人類,或金錢與人類的關係,透過台灣或世界知名人士肖像來呈現。

Yukyo YAMAMOTO
“One coin New york”
Pencil on manila paper, one yen coins

赤摩 千穂 Chiho AKAMA

靴に魅せられ、驚くべきことに靴を構成する糸を紡ぎ染めることから始め、自ら靴を制作する作家、赤摩千穂。
バッタなどの昆虫やケーキの姿をした靴は、思わず鑑賞者に笑みをこぼれさせます。しかし、デザインとしても大変洗練された赤摩の作品は、単なる靴を超え、「靴の持つ奥深さに心を捉えられた」という作家の世界観そのものを描き出します。
「誰もが知っている日用品である靴。それはつくる側と見る側を一瞬にして結び付けてくれる魔法のアイテムです。そして、そのフォルムは私たちの想像力をかきたて、幸せな気持ちにしてくれます。靴としてだけでなく、靴という媒体の向こう側にある物語をも体感して頂ければ幸いです。」 台湾で初めての展覧となる今回は、赤摩らしい極めて洗練された印象深い作品を数点展示します。

Chiho Akama’s fascination for shoes means that her creative process surprizingly starts from spinning and dyeing the threads which construct the shoes she makes.
Her shoes which take on the forms of crickets and cakes are a joyous sight to the viewer. Her creations, which also demonstrate outstanding refinement in design, transcend being mere shoes, and illustrate the worldview of the artist, whose “heart was captivated by the profundity that shoes embodied” .
Her shoes which take on the forms of crickets and cakes are a joyous sight to the viewer. Her creations, which also demonstrate outstanding refinement in design, transcend being mere shoes, and illustrate the worldview of the artist, whose “heart was captivated by the profundity that shoes embodied”.

沈醉在鞋子領域,從鞋子的纖維,穿針引線,織染,到自己制作鞋子,一位令人驚艷的作家-赤摩千穂。
以蚱蜢等昆蟲或以蛋糕為形體的鞋子,不由自主地引人發笑。然而,在設計上,赤摩的作品是相當洗練並超越了僅是單純作為鞋子的層面,「鞋子所韻涵的深奧底蘊、內心被深深所捕捉」,作家試圖描繪其內在的世界觀。
「鞋子乃眾人皆知的日常用品。它卻是能在一瞬間聯系起創作者與觀者的魔法品項。而且,其形式勾起我們的想像力,並帶給我們幸福的感覺。並非只是鞋子,鞋子作為媒介的手段,讓觀者親身感受其故事性的趣味,這將使我們感到欣慰。」
這次展覽是在台首次展出,預計展示數個具有赤摩個人風格,並極為洗練,令人印象深刻的作品。

Chiho AKAMA
“City That Grows”
Shoes

>>ART TAIPEI web site

東美アートフェア2019 藤田勇哉

藤田勇哉展


日時:
10月4日(金) 11:00~20:00
10月5日(土) 11:00~18:00
10月6日(日) 11:00~17:00

会場:東京美術倶楽部 東京都港区新橋6-19-15
>東美アートフェアHP

藤田勇哉「YF566」油彩、綿布 53.0×65.2cm


時々通りかかる商店街の建物がひとつ、ある時、忽然と姿を消した。そして、その建物と肩を寄せ合うように立っていた隣の建物の、それまで隠れていた蔓が這い回り、黒く燻み、ひび割れた一面の壁が露わになった時、私ははっとした。その時、私は自分の絵について鮮明に理解したのである。蚤の市で見つけたオブジェ、果樹園や市場の店先で見つけた果実 ― 私はそれらを砂漠の中から見つけ出し、そっと別の場所に閉じ込め、あるいは解放しているのではないかと。

藤田勇哉

<藤田勇哉 略歴>
1974年 埼玉県に生まれる
1997年 個展 埼玉県立近代美術館(さいたま市)
1999年 東京造形大学造形学部美術Ⅰ類 卒業

2004年
「 CAF.N」,埼玉県立近代美術館(さいたま市)
2005年
「 Ashi EXHIBITION」,埼玉県立近代美術館(さいたま市)
「 International Group Show」,CaelumGallery(ニューヨーク)
「 The shop 現代美術の着心地(きごこち)」,旧GINZAmen’s wear(東京/銀座)
2006年
「 CAF.N」,埼玉県立近代美術館(さいたま市)
「白と黒ってどう?」,Concept 21 Gall er y(東京/ 青山)
2007年
「 Ashi EXHIBITION」,埼玉県立近代美術館(さいたま市)
「 現代アーティストによる LE MONDE DE COCO ココの世界」, シャネル銀座ネクサスホール(東京/銀座)
2008年
TURANDOT 遊仙境(赤坂店)にて作品展示
日本ホームズ住宅展示場(東京/六本木)
「 NETWORK PROJECT JAPAN」,INTER ALIA(ソウル)
2009年
アートフェア東京 平野古陶軒ブース(東京/有楽町)
「 真夏の夢」,椿山荘(東京/関口)
個展 平野古陶軒(東京/京橋)
2010年
アートフェア東京 平野古陶軒ブース(東京/有楽町)
個展 池袋西武(東京/池袋)
個展 平野古陶軒(東京/京橋)
2011年
アートフェア東京 平野古陶軒ブース(東京/有楽町)
「 新しい具象のかたち」,財団法人出羽桜美術館(山形/天童)
2013年
アートフェア東京 彌生画廊ブース(東京/有楽町)
2014年
「 藤田勇哉展―果実とアンチイク」,彌生画廊(東京/三番町)
2015年
アートフェア東京 彌生画廊ブース(東京/有楽町)
2017年
帝国ホテル絵画堂ウィンドウギャラリーにて作品展示(東京都/千代田区)
第15回 団・DANS Exhibition「アーカイブ展」(東京都/渋谷区)
2018 年
「M7 ― Group Exhibition」,画廊くにまつ青山(東京都/港区)