INFORMATIONお知らせ

鈴木信太郎・高畠達四郎 素朴派展

鈴木信太郎・高畠達四郎 素朴派展
 - Shintaro Suzuki / Tatsushiro Takabatake Naïve art –

【銀座店】
 10月17日(土)〜10月26日(月)
【大阪店】
 11月4日(水)〜11月10日(火)

鈴木信太郎 (1895~1989年)

1895年に八王子で生まれた鈴木信太郎は、幼い頃に病を患い、
終生杖や車椅子を必要とする生活を余儀なくされました。
しかし奈良や長崎、北海道、伊豆など全国を精力的に巡り、
椅子や地面に座って低い視点から描いた作品により独自の風景世界を開きました。
また、花や果物、人形などをモチーフに、
愛らしくも透明感のある色彩を放つ作品も多く残しています。
二科会や一陽会を舞台に活躍した昭和を代表する画家。
没後20年を経た現在でもその作品は多くの方々に愛され続けています。

Shintaro Suzuki (1895~1989)

Shintaro Suzuki had been forced to live his life that requires a wheelchair or cane at an early age.
However he opened a world of its own landscape from point of wheelchair’s view. He traveled Nara, Nagasaki, Hokkaido, Izu for his works, it also has left many works the motif of flowers and fruits, dolls,
also it gives off a lovely color with a sense of transparency.
Even now he loved by many people after his death.

高畠達四郎(1895~1976年)

高畠達四郎は慶応義塾大学を中退し、ほぼ独学により画家として歩み始めました。そして26歳から33歳までをパリで過ごした。
帰国後の1930年、独立美術協会の創立に加わり、一貫してそこを足場としました。
世を去り33年が経ちますが、その素朴で親密な味わいによる優れた風景画は、現在も褪せることなく人々の心を捉えています。

Tatsushiro Takabatake(1895~1976)

Takabatake Tatsushiro dropped out of Keio University.
Then he has studied painting by himself. He has stayed in Paris from 26
years to 33 years of age. After returning in 1930, he joined the founding of an independent Art Association. That excellent rustic landscape paintings have captured the hearts of many people.