INFORMATIONお知らせ

ART FAIR TOKYO 曽宮一念展

― 曽宮一念展 ―

― Ichinen Somiya ―

開催情報
■至峰堂画廊 銀座店
2009年4月6日(月)〜4月19日(日)

■至峰堂画廊 大阪店2009年5月11日(月)〜5月23日(土)(日祝休)

曾宮一念
1893年東京生まれ。丸山晩霞らに水彩を学び、白馬会研究所に通ったのち東京美術学校西洋画科に入学。 卒業後は中村彜、佐伯祐三ら作家同士と盛んに交流を重ね、二科展樗午賞を受賞するなど旺盛に制作した。このころより結核や緑内障に悩まされるようになるものの、二科会会員、のち独立美術協会会員を経て、明快な色面構成と大胆な構図により日本的フォーヴィズムの一典型を示した。また、文筆活動も盛んで、随筆集『海辺の溶岩』が日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。 しかし1963年に右眼を摘出、1971年には左目も失明し、画家を廃業。以後は文筆に専念した。1994年、101歳にて歿。

アートフェア東京2009にて曾宮一念展を出展いたしました。

アートフェア東京2009
開催はご好評をいただき終了しました
東京国際フォーラム展示ホール1 B-11ブース
東京都千代田区丸の内3−5−1
4月3日(金)11:00〜21:00
4月4日(土) 11:00〜20:00
4月5日(日) 10:30〜17:00