ARTISTS取扱作家

Churyo Sato

佐藤 忠良

東京美術学校(現東京芸術大学)卒業後の1939年に新制作派協会(現新制作協会)の設立に参加。シベリア抑留を経験し、1948年にようやく日本に帰還。
1952年に制作した「群馬の人」で一躍脚光をあびる。1981年にフランス国立ロダン美術館の招きで、アジア人として初めて個展を開催。
精力的に制作を続け、パブリックアートの草分けとして日本人彫刻家の第一人者となった。

【略歴】
1912年 宮城県に生まれる
1939年 東京美術学校彫刻科卒業。新制作派協会彫刻部創設に参加
1936年 主戦美術協会を創立
1960年 高村光太郎賞受賞
1974年 第15回毎日芸術賞・芸術選奨文部大臣賞受賞
1981年 フランス国立ロダン美術館において個展
     フランス学士院アカデミー・デ・ボザールの客員会員に
     推挙される
1986年 東京造形大学名誉教授となる
1988年 「佐藤忠良のすべて展」開催(盛岡~福岡の13会場)
1989年 朝日賞受賞。
1990年 宮城県美術館に佐藤忠良記念館が開館。
1998年 佐川美術館-ブロンズの詩-佐藤忠良館が開設。
    「佐藤忠良 彫刻家の眼」(宮城県美術館)開催。
2000年 「佐藤忠良展」(日本橋高島屋)開催
2008年 札幌芸術の森美術館に佐藤忠良記念子どもアトリエを開設。
2011年 逝去。享年98歳。