ARTISTS取扱作家

Kogan Tobari

戸張 孤雁

1901年洋画研究のためアメリカ合衆国へ渡り,美術学校のナショナル・アカデミーで素描,油絵,挿絵を学び,同アカデミーで荻原守衛を知り彫刻に興味を持つ。帰国後は、洋風挿絵の普及に努めた。
中原悌二郎らとともに院展を代表する作家として活躍。亡くなった荻原の粘土を譲り受け彫刻に転じ、肺病と闘いながらも彫刻制作に没頭。山本鼎らと日本創作版画協会を結成し、木版の制作と研究にも励んだ。

1882 東京日本橋魚河岸に生まれる
1898 日本銀行に採用される
1901 渡米。メカニック・インスチチュート、ナショナル・
   アカデミーで挿絵、洋画(水彩画)を学ぶ
1902 荻原守衛を知る
1903 アカデミーをやめアート・スチューデンツ・リーグへ通う
1906 病にて帰国
1907 東京日暮里に住む
1908 「孤雁挿絵集壱巻」を刊行
1909 中原悌二郎、中村彝を知る
1910 太平洋画研究所彫塑部に入る。第四回文展に彫刻を初出品
1912 中原悌二郎と交換モデルをはじめる
1917 院展に出品し同人に推挙される
1918 日本版画会の発起人となり創立
1919 日本版画会を日本創作版画協会とする
1927 45歳で没す