ARTISTS取扱作家

Yasutake Funakoshi

船越 保武

戦後日本を代表する彫刻家であり、1962年に長崎に制作された「二十六聖人殉教者像」」や端整で静謐な女性像など精神性の高い作品で知られている。
長男・一馬が生まれるが、わずか八か月で病死。その死をきっかけにカトリック教会の洗礼を受ける。以降、キリスト教を題材にした傑作を生みだす。
75歳の時に脳梗塞で倒れ、右半身不随となるが、左手で制作を続け89歳で逝去。息子は彫刻家、舟越桂。

1912年 岩手県二戸郡一戸町小鳥谷に生まれる
1939年 東京美術学校彫刻科を卒業
     佐藤忠良を知る
1941年 旧制盛岡中の同級生だった画家の松本竣介と2人展を開く
1948年 長男 一馬が生まれて間もなく急死
1950年 長男の死を機にカトリック教会で洗礼を受ける
     キリスト教を題材とした制作が増える
1962年 「長崎二十六殉教者記念像」で高村光太郎賞を受賞
1967年 東京芸術大学教授となる
1972年 島原の乱に着想を得た「原の城」で中原悌二郎賞を受賞
1973年 「原の城」でローマ法王パウロ6世より大聖グレゴリオ騎士
     団長勲章受章
1980年 東京芸術大学を退官
1981年 多摩美術大学教授となる
1984年 勲四等旭日小綬章受章
1986年 東京芸術大学名誉教授になる
1987年 脳梗塞で倒れ、左手で創作を続ける
1999年 文化功労賞受賞。
2002年 89歳で逝去