ARTISTS取扱作家

Yoshitatsu Yanagihara

柳原 義達

兵庫県に生まれ、初め日本画を志すが、ロダン、ブールデルの作品図版にふれ彫刻に転向。東京美術学校彫刻科在学中から国画会展に出品。
1939年佐藤忠良、舟越保武らとともに国画会を退会し、新制作派協会に合流。1952年フランスに留学。
依頼で鳥の作品を制作したことがきっかけとなり、鳥に大きな関心を抱き、鳥を主題とする彫刻を発表。
鴉や鳩をモチーフとする独自の造形表現を切り拓き、戦後を代表する彫刻家の一人となる。

1910年 神戸市に生まれる
1928年 中学を卒業後、京都にて日本画を学ぶ
1936年 東京美術学校彫刻家を卒業
1953年 渡仏、エミール・オリコストに学ぶ
1958年 第一回高村光太郎賞受賞
1970年 日本大学芸術学科主任教授となる
1974年 中原悌二郎大賞を受賞
1990年 勲三等瑞宝章受賞
1996年 文化功労者に選ばれる
2003年 三重県立美術館に柳原義達記念館が開設される
2004年 逝去