ARTISTS取扱作家

Yoson Ikeda

池田 遙邨

倉敷市に生まれる。小野竹喬を頼って京都に移り、竹内栖鳳に師事。
京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)助教授となり後進の指導に当たる。
1984年文化功労章、1986年に文化勲章を受ける。
安藤広重の東海道の絵に心酔し、自らも東海道五十三次を3度旅をする。
生涯、自然と旅を愛し全国を旅して回り、晩年は種田山頭火に傾倒し、山頭火の俳句をモチーフに画作を行い、山頭火の姿で旅をした。

1895年 岡山県浅口郡乙島村(現・倉敷市玉島乙島)に生まれる
1910年 大阪の松原三五郎が主宰する天彩画塾に入門し洋画を学ぶ
1919年 京都市に移り竹内栖鳳の画塾・竹杖会に入門し日本画に転向
     第1回帝展に入選
1926年 京都市立絵画専門学校研究科を卒業
1928年 第9回帝展で特選
     歌川広重に傾倒し、東海道を徒歩でスケッチ旅行
1931年 「昭和東海道五十三次」が完成
1952年 日展参事となる
1977年 日展顧問となる
1980年 日本画・素描489 点を倉敷市に寄贈
1984年 文化功労者
     種田山頭火の句を画題とした山頭火シリーズに着手
1987年 文化勲章を受章する
1988年 日本画・素描211 点を倉敷市に寄贈
     92際で逝去