ARTISTS取扱作家

Shinsui Ito

伊東 深水

14歳で近代美人画家の第一人者となる鏑木清方に弟子入り。「深水」の号を与えらる。
江戸浮世絵の伝統を継ぎ、美人画家として活躍。
現代風俗を取り入れた、芸術性の高い画境を築いた。

1898年 東京府東京市深川区深川西森下町に生まれる
1907年 小学校3年で中退、以後は看板屋に奉公し住み込みで働く
1908年 職工となり東京印刷株式会社の活字工になる
     日本画家の中山秋湖に日本画を習う
1911年 鏑木清方へ入門 「深水」の号を与えられる
1914年 東京印刷を退社
1915年 第9回文展に初入選
1927年 大井町に深水画塾を設立
1932年 人物画の再興を目指し「青々会」を設立
1943年 召集され海軍報道班員として南方諸島へ派遣
1945年 長野県小諸市に疎開
1949年 鎌倉に転居
1950年 白鳥映雪、児玉希望、奥田元宋、佐藤太清等と日月社を
     結成、後進の育成にあたる
1958年 日本芸術院会員に推挙
1972年 74歳で逝去