ARTISTS取扱作家

Shoko Uemura

上村 松篁

上村松篁は、近代美人画の確立者である上村松園の一人息子として、1902年に京都で生まれる。6歳の時、文鳥を飼い、その美しさに感動し松篁は鳥の美に目覚める。
13歳で京都の美術学校に入り、特待生に選ばれる。19歳で帝展に初入選。明るい色彩で清雅な花鳥画を描いた。

1902年 京都市中京区四条御幸町西入ルに生まれる
      母は上村松園
1920年 京都市立美術工芸学校絵画科卒業 
      京都市立絵画専門学校入学
      同時に西山翠嶂に師事、画塾青甲社入塾
1924年 京都市立絵画専門学校卒業 研究科入学
1929年 第9回帝展に「蓮池群鴛図」を出品、特選受賞
1930年 京都市立絵画専門学校研究科修了
1933年 長男淳(淳之)生まれる
      帝展推薦、無鑑査に推挙
1947年 日展審査員に推挙
1948年 日本画の在野団体、創造美術結成
1949年 京都市立美術専門学校教授就任
1959年 「星五位」芸術選奨文部大臣賞受賞
1967年 「樹下幽禽」日本芸術院賞受賞
1973年 勲三等端宝章受章
1974年 新制作協会日本画部は新制作協会離脱
      創画会結成
      日本芸術院会員に推挙
      文化功労者
1984年 京都市名誉市民に推挙
      文化勲章受章
1994年 上村松園・松篁・淳之の作品を収蔵する松柏美術館会館
      が開館(奈良市)
2000年 98歳で逝去