ARTISTS取扱作家

Togyu Okumura

奥村 土牛

奥村土牛は、画家志望であった父親のもと10代から絵画に親しみ、梶田半古の画塾で生涯の師と仰ぐ小林古径に出会う。モチーフは花鳥、人物、風景と幅広い。
半古や古径から学んだ写生や画品を重視した姿勢を生涯貫き、筆を幾重にも塗り重ね、清らかで温かみ溢れる作品を描き続けた。
土牛という雅号は、寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から父親が引用して付けた。

1889年 東京府東京市京橋区南鞘町(現・東京都中央区京橋)に
    生まれる
1905年 梶田半古の門を叩き、塾頭の小林古径に日本画を師事
1907年 東京勧業博覧会に「敦盛」が入選
1926年 速水御舟に出会う
1932年 日本美術院同人
1935年 帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)日本画科教授に就任
1936年 第1回帝国美術展「鴨」で推奨第1位を獲得する
1944年 東京美術学校(現・東京芸術大学)講師
1945年 長野県南佐久郡穂積村へ疎開
1947年 帝国芸術院会員となる
1959年 日本美術院理事となる
1962年 文化勲章を受章
1978年 日本美術院理事長に任命される
1990年 101歳で歿