ARTISTS取扱作家

Chu Asai

浅井 忠

師フォンタネージより叙情的な自然主義絵画を学ぶ。この教えを十分に咀嚼して描き出された多くの農村風景は、独自の詩情にあふれる。明治前期の日本洋画を代表する傑作を残す。
33年より留学したフランスでは、パリ近郊のグレーに取材し、浅井芸術の頂点ともいえる清澄な風景画を手掛けている。帰国後は京都を拠点に各地に取材旅行に赴く。
グレー時代の風景画は明るい色彩に満ちたものであったが、帰国後は以前のように重厚な色彩に変化する。自然に忠実であった画家の目は、留学経験に左右されることなく日本の風土を捉えている。

【略歴】
 
1856 佐倉藩士の長男として江戸木挽町佐倉藩邸に生まれる
1863 藩侯堀田正睦に仕えた父が死に、7歳で家督をつぐ
    佐倉時代に藩の画家黒沼槐山に花鳥画の手ほどきをうける
1872 この頃洋学を修めるため上京、箕作塾で英語を学ぶ
1876 ロンドン帰りの国沢新九郎の画塾彰技堂に入門するも、
    工部美術学校に入学
    バルビゾン派風フォンタネージに学び画風を受け継ぐ
1878 フォンタネージの帰国後、小山正太郎らと連袂退学し十一会
    を結成
1887 洋画の出品が認められた東京府工芸品共進会に「農夫帰路」
   「寒駅霜晴」を出品、二等賞を得る
1889 洋画振興のため明治美術会の創立に参画、出品
1894 日清戦争で時事新報通信員として従軍
1895 第4回内国勧業博覧会に《旅順戦後の捜索》出品
    同年秋の明治美術会第7回展では「脂派」と「紫派」、
   「旧派」と「新派」など明治美術会と黒田との対照が取り
    沙汰される。
1898 東京美術学校教授に就任。
1900 フランスに留学、グレーを中心に滞在、印象派的な水彩・
    油彩を制作
    一方、アール・ヌーヴォーにも触れる。1901年 秋から翌年まで
    和田英作とグレー村にて逗留
1902 ロンドンの夏目激石を訪ねて帰国、東京美術学校を辞し京都
    高等工芸学校教授
    その後、聖護院洋画研究所や関西美術院で梅原龍三郎、安井
    曾太郎など指導
1905 東宮御所造営に際し壁画として《「武士の山狩》を制作
1907 第1回文展に「武士の山狩り」を出品、審査を終えて帰京後に
    倒れ歿