ARTISTS取扱作家

Ryohei Koiso

小磯 良平

明治36年、神戸市に生まれた小磯良平は、東京美術学校(現東京藝大)在学中に帝展で初入選する。規定課題の『自画像』と『彼の休息』(ともに東京芸術大学大学美術館蔵)の2作品で98点という最高得点をとり、首席で卒業。
古典主義の最も良質な部分を貫き通し、卓抜した描写力と、典雅な色彩で描いた人物、とりわけ女性像に定評がある。代表作に『裸婦』、『斉唱』、『働く人々』などがある。
東京藝術大学教授となり後進の指導にあたり、定年退官後も迎賓館 赤坂離宮の大広間の壁画「絵画」「音楽」を制作するなど日本の洋画界に大きく貢献した。
また小磯は、以前から興味のあった版画に取り組む。そして、教授時代の1958年に芸大では、初めてとなる版画教室を設ける。この版画への情熱は、小磯が油彩作品の代替物ではなく、素描家としての芸術的関心を持っていたことは想像に難しくない。

【略歴】

1903 神戸市に生まれる。旧姓は岸上
   (大正14年小磯家の養子となる)
1927 東京美術学校西洋画科を卒業。在学中の第6回帝展で初入選
    し、第7回帝展『T嬢の像』が特選となる
1928 渡仏。1930年に帰国
1932 第13回帝展で『裁縫女』が再び特選を受賞
1936 新制作派協会を結成、創立会員となる
1938 陸軍省派遣画家としてジャワ、バリ島、バタビヤに渡る
    同じ従軍画家に藤田嗣治、宮本三郎など
1940 朝日文化章、第1回帝国芸術院賞を受賞
1953 東京芸術大学教授に就任
1958 東京芸術大学美術学部に版画教室を設けた
1964 東京芸術大学で数年来手がけてきた銅版画を初めて公開
1971 東京芸術大学を退官し、同大学名誉教授となる
1973 勲三等旭日中綬章を受賞
1974 迎賓館の壁画『絵画』、『音楽』が完成する
1979 文化功労者となる
1982 日本芸術院会員になる
1983 文化勲章を受章
1988 神戸で歿す